債務整理 離婚 相談
展望台としてのイトーヨーカドーの楽しみ方
デパ屋の面影を残す大型スーパー

c0215643_19443688.jpg


弘前市民にとって、イトーヨーカドーのイメージは「スーパー」よりも「デパート」である。
他地域の人が聞いたら耳を疑うかもしれないが、そのフロア構成を説明すれば納得してもらえることだろう。

1976年にオープンしたイトーヨーカドー弘前店は地上8階・地下1階。
地下は食品売り場とファストフードを含む飲食店街、1階は服飾や化粧品などの専門店街とバスターミナル、
4階はおもちゃ売り場とゲームセンター、5階には書店やCD店等娯楽商品の売り場、最上8階には
ガラス張りのレストラン街、その他カルチャースクールや医院、旅行代理店や美容院なども入居している。
また、バスターミナルがあるせいか、土産物店や立ち食いそば屋も充実。
そして、以前は6階に広大な屋上遊園地とゲームコーナーがあり、エレベータにはエレベータガールも
配置されていたのだ。

そんな、多分にデパート的なイトーヨーカドー弘前店も、時代の流れなのか以前に比べてデパート的な
要素は薄れてきているのだが、それでもまだ昔の面影を色濃く残しているのが8階のレストラン街である。

エレベータで8階フロアへ出ると、手前には子供向けのライドやUFOキャッチャーなどの遊具が並び、
正面にはファミリーレストランが店を構えている。
まるで、家族で出掛けて、最上階の大食堂で食事をすることが娯楽の1つであった頃のデパートを
思わせる空間だ。
そして、フロアの多くがガラス張りだ。

そんな中に、ポツンと有料の望遠鏡が設置されている。
その望遠鏡のレンズが向けられた先には…

c0215643_20201857.jpg
見事な岩木山と中心市街が。

c0215643_20213052.jpg
よりアップで撮影した夕刻の岩木山。
弘前公園の本丸へ行く時間のない人は、弘前駅に程近いこちらで岩木山を眺めるのも良いかもしれない。


また、場所をカレー店や和食店側に移すと、和徳方面の街並みが一望できる。
c0215643_20225693.jpg
昭和の昔には「あ!あれ、ボクの学校!!」と建物を見つけてはしゃぐ子供もいたかもしれない。
(画像奥に見える学校らしきものは、市立和徳小学校である)

c0215643_20482993.jpg
手前のマンションにユニークなドーム屋根のついた給水塔がついているのもわかる。


c0215643_20262625.jpg
さらに最奥のパスタ店側まで行くと、弘前駅北側の街並みが。
左には弘前ガスの大きなガスタンク(以前、このブログでも「ゴジラ専用メロン」として紹介したものと同じ)、中央手前の長い煙突は吉井酒造である。
そして奥にはさくら野百貨店が見える。

c0215643_2032249.jpg
また、時には青森空港発着の飛行機が結構な大きさで見えることもある。
(店内も写りこんでしまったが)


さて、イトーヨーカドーレストラン街で弘前市内を一望し、腹を満たした後は階下へ下りるわけだが、
エレベータが来るのを待てなければ、階段を使うことになる。

その階段というのが、まるで夢に出てきそうな複雑さ。
c0215643_20441825.jpg
ここへ出るには、天井の低い階段下をくぐって来なければいけない。

c0215643_20453174.jpg
背の高い人や、腰の悪い人には結構な難所となる。

c0215643_20461866.jpg
この迷宮のような階段を下りていくと、やがて5階の新星堂横に出る。
決してエンドレスで地底まで繋がっているわけではないのでご安心を。


アクセス情報
弘前市駅前
・JR弘前駅から徒歩5分
・弘南バス 弘前バスターミナル前下車すぐ


[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-12-26 20:57 | 店・工房など


<< 小さな市民      聖夜の昇天教会 >>