債務整理 離婚 相談
市内で一番早い宵宮 観音山普門院
夏の風物詩 始まりはここから

c0215643_17452012.jpg

夏の津軽地方に彩りを添えるイベントの1つとして、各地の神社・仏閣で開催される
「宵宮(ヨイミヤまたはヨミヤ)」がある。

各神社・仏閣の大祭先日に行われ、その日の夕刻には参道に各種露店が立ち並び、
大勢の地域住民で賑わう。

その時期や規模は様々で、最も出店数や動員数の多い宵宮が
「最勝院・八坂神社(通称:五重塔または大円寺)、「胸肩神社(通称:弁天様)」、
「弘前八幡宮」あたりなら、
最も開催日の早いのがこの「観音山普門院(通称:山観)であり、毎年旧暦の4月17日に開催される。
(2010年は5月30日の開催となった。)
この観音山普門院は西茂森の禅林三十三ヵ寺の一つで、津軽三十三ヵ所巡りの結願・
第三十三番札所でもある。本尊は聖観音。


c0215643_17184394.jpg
市内宵宮のトップバッター「山観」入口には、このシーズンを待ちわびた
参拝客が大勢集まっている。

参拝客の年齢層はといえば、とにかく若い。
近隣の朝陽・桔梗野両小学校の児童や、第四中学校の生徒らとその保護者が大半を占めている。


c0215643_17504382.jpg
露店の立ち並ぶエリアを抜けると、長い石段が現れる。
横には空きスペースがあり、子供達が露店で買ったおもちゃや爆竹に興じている。

c0215643_17524745.jpg
まずはこの鬱蒼と木々の茂る中を上り、本堂を目指す。

c0215643_175645.jpg

c0215643_17582129.jpg

c0215643_17564648.jpg

c0215643_18275882.jpg


c0215643_18224329.jpg
本堂には参拝客が次々に訪れる。
賽銭箱に小銭を投げ入れ、鈴を鳴らす。仏教寺院なので拍手は打たない。

c0215643_1824394.jpg
石灯籠の中にも小さな「住人」が。


c0215643_180890.jpg


c0215643_1829229.jpg
観音像に「三十三」の文字が刻まれている。

c0215643_18292698.jpg
参拝を済ませた子供達は、口々に何をお願いしたかを語り合っている。
「成績が上がりますように」
「部活でレギュラーを取れますように」
「野球が上手くなりますように」

子供達の少々他力本願気味な微笑ましいお願いも、きっと観音様は時に暖かく、また時に生暖かく
聞いてくれることだろう。

c0215643_18355523.jpg
弘前の宵宮シーズンは、6月~7月にピークを迎える。

アクセス情報
弘前市西茂森
・弘南バス 茂森線・川原平線・大秋線 山観通りバス停下車 徒歩約2分

[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-05-31 18:41 | 神社・仏閣・教会など


<< オンシーズンの円筒分水      弘前嬢のぬいぐるみコレクション >>