債務整理 離婚 相談
カテゴリ:夜の飲食店街( 5 )

入れない入口
入口が既に罠

本町はドーミーイン弘前向かいの飲食店ビル、ニュー明治屋センター。
c0215643_19514812.jpg
「ニュー」の灯りがつかないところに、さりげない築年数アピールを感じる。

オープンな作りの入口ではあるが、この本町側の入口、実はちっともオープンではないのである。

c0215643_19553259.jpg
硬く閉ざされた扉と、2階へ上がろうとする者を阻む壁。
何らかの事情があるのだろうか、本町側の入口は現在は「入れない入口」となっている。

c0215643_203938.jpg
ここを訪れる客は、階段下の自動販売機より店で飲みたいところであろう。


そしてこの謎の階段、天井が鏡張りゆえに、見上げればさらに不思議な景観になる。
c0215643_20115796.jpg
このビルの隣には、その複雑な構造ゆえに散策ツアーも組まれるほどの「明治屋ゴールデン街」がある。
この迷宮を思わせる感覚は、そのお隣に勝るとも劣らないであろう。

c0215643_20121519.jpg
それにしても、ここから上階を見上げると何とも恨めしい気分になる。

しかし、別の入口から入館することは可能なのでご安心を。
c0215643_20253132.jpg
このとおり、店も沢山入店している。

 
アクセス情報
弘前市本町
・弘南バス桜ヶ丘線 本町バス停下車すぐ

[PR]

by hirosaki-alterna | 2011-03-06 20:28 | 夜の飲食店街
鍛冶町の迷宮を行く
自力探索は出来れば素面で

某飲食店ビルの入口に立つと、通路の奥に謎の手招きする者の姿が見える。
c0215643_235443.jpg


近づくと、さらにもう1匹。
c0215643_235489.jpg
こちらは手放しで喜んでいる。


c0215643_2382740.jpg
煌びやかな照明輝くフロアもあれば、静かに闇を湛えたフロアもあるようだ。

c0215643_2392269.jpg
こちらは弘前に現存する唯一の成人映画館である。
時折、いかにもバブル時代がかった女優の作品がかかるのはご愛嬌。


別の飲食店ビルでは、途中で天井が簡単なビニール屋根に変わる。
c0215643_23104112.jpg


c0215643_2311512.jpg
反対側に出た様子。
ところどころで冷たい雨水が滴る。

c0215643_23125363.jpg
ここにも闇を湛えた階段が。
上った先には何があるのか。

c0215643_23133758.jpg
酔客は、果たしてお店の人の見送り無しで出口までたどり着けるのだろうか。

鍛冶町の迷宮を探索するには、出来れば誘惑に負けず、素面で臨まれることをお奨めしたい。


アクセス情報
弘前市鍛冶町
・弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅から徒歩約5分~10分程度のエリア


[PR]

by hirosaki-alterna | 2011-01-16 23:22 | 夜の飲食店街
ツルマル印 その再建策とは
店内BGMは勿論「What a Feeling」…?

c0215643_2193458.jpg
弘前市は新鍛冶町にある飲食店ビルの一画。

c0215643_21125141.jpg
なんと、経営再建中の日本○空がひっそりと日銭を稼いでいた!!


※所在地以外はすべてフィクションです。
[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-12-03 21:23 | 夜の飲食店街
山の手センター
「静けさ」の向かいにあるもの

元寺町は弘前教会向かい。
夜になると、静まり返った教会とは対照的に賑わいの起こる一画がある。
c0215643_1727567.jpg


飲食店街「山の手センター」。入口の印象とは裏腹に、思いのほか奥行きがあり、
細長い通路に飲食店がひしめき合っている。

これらの店に集っているのは、主になじみの地元客だろうか。
取材時には、とある店から朗らかに歌うカラオケが通路に響いていた。
c0215643_17332096.jpg

c0215643_17362445.jpg

c0215643_17371858.jpg

c0215643_17375013.jpg


この弘前教会の向かいで、毎晩宴が繰り広げられている。
c0215643_17443665.jpg
(写真は冬季のもの)


アクセス情報
弘前市元寺町
・JR弘前駅から徒歩約20分


[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-06-23 17:55 | 夜の飲食店街
飲食店ビルの非常口
どこへ出るかは常連客のみぞ知る?

鍛冶町の飲食店ビルの非常口。建物が密集しているせいか、とても複雑でこじんまりとしている。

c0215643_23245776.jpg
非常口の突き当たりは壁。右、左、どちらへ行けば外へ出る?

c0215643_2312148.jpg
答えは右。左は行き止まりであった。

c0215643_2313564.jpg

普通体型の人が1人通れるくらいの狭い非常階段。

こちらは壁に穴を開けているが、背の高い人には少々苦しい高さ。
c0215643_231558.jpg

しかも外へ出るというよりも、隣のビルへの連絡通路のような意味合いが強そうだ。
幅1歩分の狭い路地をまたぐとすぐ隣の店へ繋がっている。
お隣も同様に壁をくり抜いている。

鍛冶町で十分にアルコールを摂取した飲み客が、この複雑さをどのようにクリアして家路へ
たどり着くのか気になるところだ。
[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-02-13 23:26 | 夜の飲食店街