債務整理 離婚 相談
<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

城北公園交通広場
こどものじどうしゃがっこう(ありえないおまけつき)

c0215643_22102124.jpg
弘前八幡宮に程近い公園の中にある施設。
園内をゴーカートで走りながら交通ルールも学べてしまう、一石二鳥のテーマパークだ。


道路にセンターラインや停止線などが引かれているほか、踏切や信号機もあり、
さながら自動車教習所のような趣き。…だが、
c0215643_2214953.jpg
画像左奥にある物体に注目して欲しい。


さらに別の角度から見てみよう。
c0215643_22171049.jpg
さすがにこれは路上ではお目にかかれまい。
当然運転することは出来ないので、鉄道ファン諸氏はご了承いただきたい。


アクセス情報
弘前市田町
・弘南鉄道中央弘前駅から徒歩約25分
弘前八幡宮手前、時敏小学校となり

注)ゴーカートは有料(1回¥100)。
ただし、利用可能期間は4月1日~10月末までの土曜日、日曜日、祝休日、
市立小・中学校の春休み・夏休み期間中の10:00~16:00と限られている。

注)園内でも交通ルールは厳守しよう。


[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-31 22:00 | 城北公園
ゴジラ専用メロン
本当に食べたら大惨事

c0215643_23495011.jpg
弘前駅裏に巨大なメロンのような物体が!?


c0215643_23512736.jpg
弘前駅の線路沿いに位置する「弘前ガス」のガスタンクである。
奥羽線下りの車窓から間近に見ることが出来る。

その大きさと形、色から、まるでゴジラ専用のメロンといったところである。
ただし、味と食べたその後については保証しない。

アクセス情報
弘前市松ヶ枝
・JR弘前駅から徒歩9分
・(車窓から見る場合)JR奥羽線下り発車後すぐ

注)実際に訪ねて行っても、かなりの確率で関係者以外立ち入り禁止と思われる。

[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-30 19:47 | 建造物・各種施設など
山王町の給水塔
住宅街にドッシリ構えた4本脚

c0215643_162359.jpg
北横町方面の土淵川沿いから見える、天高く突き出た塔。


c0215643_19291.jpg
近寄ってみたところ、どうも給水塔のようだ。
相当高いのだが、写真では上手くスケールを伝えることが出来ないのが残念である。


c0215643_1102586.jpg
脚の部分。
周辺の家屋と比べるとその大きさがお分かりいただけるだろうか。

アクセス情報
弘前市山王町
・津軽藩ねぷた村から自転車で約7~8分 山王団地集会所向かい

注)閑静な住宅街に位置しているので、住民に迷惑がかからないよう気をつけよう。



[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-29 22:03 | 水道施設・円筒分水など
住吉神社のおばけツリー
鎮守の森もハロウィン仕様

c0215643_2119777.jpg
住吉神社の敷地内、保健所へ向かう道路を入ってすぐの所にある樹木。
幹から枝先に至るまで蔦がびっしりと絡まっている。

c0215643_2125378.jpg
もはや何の木だったのかも判別不能。
ハロウィンも近いこの時期、神社の木までもがモンスターの扮装をしているようだ。

c0215643_21261451.jpg
蔦の葉は紅葉が進んでおり、この様子が見られるのも今のうちだろう。

アクセス情報
弘前市住吉町
・弘南鉄道中央弘前駅から徒歩約4分
・弘前中央病院と惣菜店「パセリグリーン」の角を入ってすぐ


[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-28 21:38 | 公園・自然・風景など
青森県内初の私有変電所跡
役目を終えた赤煉瓦の余生、そして意外な過去

c0215643_23584818.jpg
弘前大学に程近い、富士見町吉井緑地にそれはある。それはそれはひっそりと。


c0215643_2338656.jpg
ご覧のように門扉は堅く閉ざされ、中へ入ることは出来ない。
もう一つの門扉には、「立入禁止」の看板すら掲げられている。


c0215643_2355263.jpg
鬱蒼と茂る木々に隠れるかのように佇む謎めいた廃墟。

謎めいてはいるが、決して「いわく付き」物件というわけではない。

ここは、青森県内初の私有変電所の跡。
c0215643_075855.jpg
明治後期弘前の銘酒「吉野桜」の醸造元・福島醸造株式会社社長・福島藤助が、
酒蔵で使用するために私財を投じて作ったのだそうだ。

当時、この富士見町を含む土淵川沿いにはこのような赤煉瓦の酒蔵が並んでいたそうで、
そこで使用する電力を岩木川中流域の発電所から弘前市内に引き、ここで変圧していたらしい。

弘前の産業の発展に寄与した先達の気概に、門扉の外から思いを馳せてみよう。


アクセス情報
弘前市富士見町
・弘南鉄道大鰐線弘高下駅から徒歩約7分
・弘前大学教育学部裏手

注)現在は吉井酒造の私有地となっているので、敷地内への立ち入りは不可。


[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-22 00:31 | 軍事・産業遺構
謎の白い塔の正体を追え
銭湯?展望台?それとも…
c0215643_23165643.jpg
南塘町の史跡整備地そばを通ると、五重塔の横に何やら存在感のある建物が見える。

てっぺんに赤い屋根のついた白い塔、これはいったい…

c0215643_2319196.jpg

吉井酒造煉瓦倉庫付近から、


c0215643_23261921.jpg 
紙漉町緑地から、


c0215643_23283815.jpg
最勝院横の川沿いからも、


まるでキリンのようにニョッキリ突き出たその姿が確認できる。


その正体を確かめるべく、ひたすら道なりにその塔の方へ向かってみた。
中央弘前駅から、土淵川沿いの細道を五重塔の裏手まで進む。
そこからさらに、弘前の名水「富田の清水(とみたのしつこ)」方面へ。

c0215643_2352838.jpg
「富田の清水(しつこ)」。ここまで来ると、謎の塔はもうすぐだ。


c0215643_23542966.jpg
上から煙が出ていないので、銭湯の煙突ではないようだ。
また、展望台にしては窓が小さすぎる。
建物前に幼稚園の車が見えるが、園舎にしてはフロア数が多いような…


もう少し別の角度から迫ってみよう。
c0215643_23591527.jpg
塔に何か文字が書かれている。

c0215643_032190.jpg
「三上ハイツ」。何と、白い塔の正体はマンションだった!

いったいどんな理由で、あのような塔を作ったのだろう。
マンションにあるということを考えると、やはり給水塔か何かだろうか。
部外者としてはとても気になるところであるが、入居者の日常生活の場ということもあり、あまり深入りしないのが吉だろう。

ところであの塔部分は入居出来るのだろうか。


アクセス情報
弘前市紙漉町
・弘南鉄道大鰐線 弘高下駅から徒歩約6分
・富田の清水の角を曲がってすぐ

注)マンションという建物の特性上、入居者の迷惑にならないよう外観のみを楽しもう。
  ただし、本気で入居を検討している場合は、管理者へ問い合わせる必要がある。


[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-14 00:15 | 建造物・各種施設など
明治屋ゴールデン街
ハタチ未満お断り 迷宮の花は夜開く

弘前の夜の繁華街・鍛冶町。その鍛冶町と本町をつなぐ飲食店街が、この明治屋ゴールデン街。

まずはこの画像を見て欲しい。
c0215643_1614974.jpg
まるで夢の中に出てくる迷宮のように、通路や階段が入り組んでいる。


c0215643_169121.jpg
同じ地点を反対側からみると、さらに複雑さがわかるだろう。


c0215643_16195761.jpg
特に営業時間前の日中に館内を歩くと、静寂と人気の無さも手伝ってより迷宮感が味わえる。


営業時間中に各店を訪れる際は、ついほろ酔い加減で出入り口を見失わないよう気をつけたい。
c0215643_16243042.jpg
お出口はこちら。足元には十分ご注意を。


アクセス情報
弘前市本町~鍛冶町
・弘南バス 土手町循環100円バス 本町バス停下車すぐ
*本町側から入るとよりわかりやすい。

注)地図上の赤いアイコンは本町側出入り口、緑のアイコンは鍛冶町側出入り口を示している。
注)地図上の「10バンカンマルエススーパー」は現在は閉店している。

[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-11 16:44 | 昼の飲食店街
弘前 塀のある風景
街中の塀を見るだけでわかる、和洋混合の弘前カラー
c0215643_22524284.jpg
新寺町 真教寺・教応寺


c0215643_2331222.jpg
山道町 昇天教会


c0215643_22591523.jpg
新寺町寺院街


c0215643_2362444.jpg
吉野町 吉井酒造煉瓦倉庫


c0215643_22562611.jpg
住吉町  弘前保健所前


c0215643_234573.jpg
桔梗野1丁目 下川原焼土人形製陶所


c0215643_23115890.jpg
富田3丁目 弘前銘醸
[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-10 23:17 | 公園・自然・風景など
史跡整備地
中心市街まるかじり 西の本丸、東の南塘町
c0215643_23374876.jpg
最勝院のすぐ近く、南塘グラウンドの向かいにあるこの史跡整備地。
垣根の向こうへ入ることは出来ないが、ここから眺める弘前市街は適度に近い割りに視界が広い。
自転車などで駆け抜けると、横に流れる景色が爽快である。まるでドラマの1シーンにありそうな光景である。

c0215643_011196.jpg
病院、ホテル、民家、商業施設…


c0215643_23524132.jpg
最勝院側から。ここから視界が開けてくる。

c0215643_2356288.jpg
雨上がりにはこんな光景も。また、夜にはなかなかの夜景スポットともなる。

弘前を代表するビュースポットとして、弘前市西部(岩木山方面)を向いた弘前城の本丸があるが、こちらは弘前市東部(中心市街)を見渡せる絶景スポットとして推したいところである。


アクセス情報
弘前市南塘町
・弘南バス桜ヶ丘線または茂森線 本町バス停から徒歩約5分
・弘南バス桜ヶ丘線 弘前高校前バス停から徒歩約5分

注)歩道は向かいの南塘グラウンド側にしかなく、道幅も狭いので通行時・鑑賞時には交通に注意しよう。


[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-10 00:18 | 公園・自然・風景など
土淵川 吉野町緑地
360°弘前の縮図
c0215643_19355766.jpg
吉井酒造煉瓦倉庫と隣接する広々とした緑地。
(写真撮影時はちょうど草刈り直後であった。)

c0215643_19425798.jpg
ここをぐるりと一周すると、隣の吉井酒造煉瓦倉庫はもちろん、最勝院五重塔、
まるでマジンガーZのような形をした中三デパート、天気の良い日には
岩木山をはじめとする遠くの山々など、和洋・今昔・人工・自然が入り混じった、
いわば「弘前の縮図」ともいえる景色を見ることが出来る。

ルーレットのように、ここで気になった建物を次の目的地として選んでみるのも
一つの楽しみ方だろう。


また、敷地の端まで行くと、隣の弘南鉄道中央弘前駅を見下ろすことが出来る。
c0215643_20114185.jpg
足元を電車が走り、すぐ横には土淵川が流れる。

c0215643_20184943.jpg
夏にはラベンダーが咲く。

c0215643_2020356.jpg
c0215643_20261811.jpg


アクセス情報
弘前市吉野町
・弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅から徒歩約3分

注)公衆トイレが無いので、もしもの場合は近くのまちなか情報センターのトイレを利用すると良いだろう。
注)下の地図に記載のレストラン「アルポルト」は、2009年秋現在では土手町スクランブル交差点角に移転している。

[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-09 20:39 | 公園・自然・風景など