債務整理 離婚 相談
<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

弘高祭
市民一番人気の学園祭は「D」だらけ

c0215643_9322738.jpg
弘前市内で一番の歴史と学力を誇る、県立弘前高校。
この弘前高校の学園祭「弘高祭」の名物行事が、初日のねぷた運行である。

7月に入ると、弘高生たちは約2週間程度のねぷた製作期間に入る。
1クラスで各1台、小型の前ねぷたを含めると1クラス各2台のねぷたを手作りするのである。


弘高祭初日の夕刻、生徒達が精魂込めて作ったねぷたたちがついに街に出る。
c0215643_9413876.jpg
生徒達は浴衣姿、先生は袴姿でその時を迎える。

c0215643_950182.jpg
弘高ねぷたはほぼ全てが組ねぷたであり、三国志や水滸伝モチーフの多い「弘前ねぷたまつり」に比べて
戦国武将や幕末志士、昔話など、日本をモチーフにしたものが圧倒的に多いのが特徴である。

そして、当然ながらエキサイトして喧嘩をしたり、急性アルコール中毒で卒倒する困ったお祭男もいない。
安心して見物できるクリーンさも弘高ねぷたの魅力の一つともいえるだろう。


ところで2010年度の運行時は、弘前城築城400年祭キャラクターの「たか丸くん」が校門前で
交通整理をしていた。
c0215643_9563981.jpg
ちなみに弘前高校の校章も鵬をモチーフにしたデザインである。
来年の築城400年イヤーを目前にして、鳥つながりのコラボレーションが実現した。

c0215643_1094970.jpg
見物に来ていた子供達に絡まれる「たか丸くん」。
お仕事中ながらも大人気である。


また、メインのねぷたに花を添えるのが、可愛らしい前ねぷたである。
大抵はキャラクターものをモチーフにしている。
c0215643_10155942.jpg
晴れの船出を迎えた「ワンピース」のチョッパー。

c0215643_10165849.jpg
「低燃費少女ハイジ」も、リーズナブルに街を練り歩くことだろう。

c0215643_10181833.jpg
「キキとララ」も、星空輝く夜の街へ出発である。


出発時には明るかった空も、ねぷたがメインストリートにたどり着く頃にはこのとおりである。
c0215643_10134028.jpg
沿道には沢山の市民が見物に訪れている。
ねぷた本体をぐるりと回すパフォーマンスには拍手も沸き起こる。

c0215643_10195239.jpg

c0215643_10204538.jpg

c0215643_1021175.jpg



夜20:30頃、運行を終えたねぷたは、校門付近に集まった大勢の市民や父兄、他校生らに
よって出迎えられる。
c0215643_10242386.jpg


一夜限りの輝きを放つ弘高ねぷたは、熱いながらも爽やかに駆け抜ける青春の輝きともいえるだろう。
[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-07-28 10:35 | イベント
稲荷神社(新寺町)
ここでも油揚げが足りません!油揚げが足りません!

c0215643_8511924.jpg
23軒の寺院が立ち並ぶ新寺町で唯一の神社、稲荷神社。
最勝院からも程近く、弘前高校や袋宮寺十一面観音の斜め向かいに位置する。


c0215643_854536.jpg
参道には、ドミノのように鳥居が連なっている。


境内には古木・名木が数多く残されており、今も静かに樹齢を刻んでいる。
c0215643_857927.jpg

c0215643_857276.jpg



また、毎年旧暦の6月10日には例大祭、その前夜には宵宮が開催される。
c0215643_9102199.jpg
入口には消防団による水飲み場が設置されている。
「水呑場」の看板が当ブログ禁止事項「D」風味なのは、この時期の弘前ならでは。

ちなみに、隣の菓子店「しかないせんべい」は、その名の通りメインはせんべいだが、
そのタイプや多種多様、さらに青森県産米を使用したシフォンケーキやせんべい生地を
使用したサブレ、マドレーヌにおやきなど、焼菓子ならば和洋を問わず何でも揃う名店である。
(取り扱い菓子は季節により異なる場合あり。参考リンク:しかないせんべいホームページ


c0215643_9145625.jpg
例年宵宮の日は、近隣の住民や向かいの弘前高校の生徒らで賑わう。

c0215643_9181960.jpg
拝殿の奥には、真っ赤な塀で囲まれた本殿が鎮座している。


(通常、本殿に立ち入ることは出来ないが、関係者のご厚意により特別に撮影許可をいただいた。)
c0215643_9184197.jpg
宵宮の日の本殿には、三方いっぱいの夏野菜が供えられている。


また、その名に違わず、境内にはたくさんのお稲荷様が祀られている。
c0215643_9255727.jpg


これらのお堂に祀られているのも、もちろんお稲荷様である。
c0215643_92795.jpg

c0215643_9304085.jpg


c0215643_9315499.jpg
この日ばかりはさすがのお稲荷様も、ついつい油揚げより夜店の食べ物に目移りすることだろう。

c0215643_9424142.jpg



また、この時期の稲荷神社付近には、新寺町ねぷた愛好会のねぷた小屋が建つ。
c0215643_9475684.jpg
この日も完成間近の「D」が格納されていた。
7月の弘前市内各所でよく見られる光景である。


アクセス情報
弘前市新寺町
・弘南バス桜ヶ丘線 弘前高校前バス停下車 徒歩約1~2分

[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-07-21 10:00 | 神社・仏閣・教会など
街の顔
様々な表情で弘前の街を見つめる「顔」

c0215643_13242563.jpg
絶叫モミアゲ野郎(茂森町某所)

c0215643_13251489.jpg
黄色いドロンパ(早稲田某所)

c0215643_13253684.jpg
往来を見つめる孤独なガイコツ(楮町某所)
[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-07-06 13:30 | 街の顔
市内で一番中心街に近い宵宮 胸肩神社
なぜかその日はいつも雨?

c0215643_11255817.jpg
「弁天様」の通称で弘前市民に親しまれている品川町の胸肩神社。
毎年6月30日に開催される宵宮は市内トップクラスの出店数を誇り、JR弘前駅前方面や
土手町といった中心商店街の手前に至るまで露店が軒を並べる。

c0215643_11575323.jpg


c0215643_11582168.jpg
胸肩神社は、大同2(807)年に将軍・坂上田村麻呂が「大野」という土地に信仰していた
弁財天を勧請し、琵琶を奉納したうえで臣下を神主に任命したのが創建と言われており、
現在地に遷座したのは寛文2(1662)年だという。

以降、「埞(←土へんに「定」)町弁天神社」「弁天宮」などと呼ばれていたが、明治6(1873)年に
現在の「胸肩神社」と改称され、御祭神も胸肩三女神に差し替えとなったようである。

その他、春日大神も合祀されており、境内には「埞(←土へんに「定」)清水」という清水が古くから
湧出している。

c0215643_1224342.jpg
茅の輪くぐり

c0215643_1231579.jpg
神楽の奉納


また、「弁天様」の宵宮のある日は、雨が降ることが多い。
c0215643_1283141.jpg
梅雨時の開催ということがその確率を押し上げているのだろうが、
もしかすると弁天様は雨がお好みなのかも知れない。


アクセス情報
弘前市品川町
・JR弘前駅から徒歩約10分


[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-07-01 12:26 | 神社・仏閣・教会など