債務整理 離婚 相談
タグ:宵宮 ( 4 ) タグの人気記事

2011宵宮スケジュール
ソース:弘前露天商組合
※月日・祭典場所・町名・出店数に表記。
※神社や寺院の都合により、日程が変更する場合あり。
※店数は出店区画数であり、実際の出店数とは異なる。

*****************
5/19(木) 山観普門院/西茂森/50

6/7(火) 薬王院/笹森町/30
6/9(木) 稲荷神社/和徳町/60
       稲荷神社/南富田町/20
       稲荷神社/南大町/5
6/10(金) 開運稲荷/八幡町/40
6/11(土) 金山神社/富田/60
6/13(月) 松尾神社住吉町/30
6/14(火) 護穀神社/住吉町/30
6/15(水) 神明宮/小人町/50
6/17(金) 誓願寺・専求院/新町/50
6/18(土) エンマ様/新寺町/40
6/19(日) 七面様/独狐/40
        十一面観音/新寺町/10
6/24(金) 天満宮/西茂森/80
        天満宮/浜の町/10
        竜泉寺/新町/5
6/29(水) 鬼神社/鬼沢/50
6/30(木) 胸肩神社/品川町/105
        鬼神社大祭/鬼沢/10

7/2(土) 神明宮/小比内/70
7/7(木) 淡島神社/高崎/50
       熊野神社/薬師堂/20
       富岳神社/境関/15
7/9(土) 稲荷神社/大清水/15
       富田稲荷神社/富田/50
       稲荷神社/新寺町/40
       稲荷神社/紺屋町/10
7/10(日) 松木平神社/松木平/15
7/11(月) 大山神社/中野/60
7/13(水) 和徳熊野宮/松ヶ枝/40
        熊野宮/浜の町/10
        熊野宮/福村/15
        三岳神社/三岳町/20
        最勝院・八坂神社/銅屋町/120
7/14(木) 八幡宮/石川/20
        八幡宮/清水森/10
        熊野奥照宮/田町/50
        熊野宮/茜町/30
7/15(金) 大沢神楽/大沢/15
7/18(月) 貴船神社/取上/50
7/20(水) 高野山/城東/30
7/23(土) 愛宕神社/駒越/30
        愛宕神社/植田/15
7/27(水) 広野神社宵宮/小沢/30
7/28(木) 広野神社大祭/小沢/5
7/30(土) 賀田夏祭り/賀田/30
7/31(日) 八幡宮/八幡町/100
        賀田夏祭り/賀田/30

8/2(火) 乳井神社宵宮/乳井/30
8/3(水) 乳井神社大祭/乳井/5
8/9(火) 大石神社/大森/20
8/12(金) 茂森門前/茂森町/15
8/13(土) 茂森門前/茂森町/15
8/17(水) 清水観音/目屋桜庭/30
        小栗山神社/小栗山/50
8/18(木) 高杉賀茂神社/高杉/30
8/21(日) 石川送り盆/石川/15
8/28(日) 岩木山神社宵宮/百沢/80
8/28(日) 岩木山神社大祭/百沢/80

10/10(月) 稲荷神社/五代/10
*****************
[PR]

by hirosaki-alterna | 2011-05-02 19:57 | 宵宮情報
稲荷神社(新寺町)
ここでも油揚げが足りません!油揚げが足りません!

c0215643_8511924.jpg
23軒の寺院が立ち並ぶ新寺町で唯一の神社、稲荷神社。
最勝院からも程近く、弘前高校や袋宮寺十一面観音の斜め向かいに位置する。


c0215643_854536.jpg
参道には、ドミノのように鳥居が連なっている。


境内には古木・名木が数多く残されており、今も静かに樹齢を刻んでいる。
c0215643_857927.jpg

c0215643_857276.jpg



また、毎年旧暦の6月10日には例大祭、その前夜には宵宮が開催される。
c0215643_9102199.jpg
入口には消防団による水飲み場が設置されている。
「水呑場」の看板が当ブログ禁止事項「D」風味なのは、この時期の弘前ならでは。

ちなみに、隣の菓子店「しかないせんべい」は、その名の通りメインはせんべいだが、
そのタイプや多種多様、さらに青森県産米を使用したシフォンケーキやせんべい生地を
使用したサブレ、マドレーヌにおやきなど、焼菓子ならば和洋を問わず何でも揃う名店である。
(取り扱い菓子は季節により異なる場合あり。参考リンク:しかないせんべいホームページ


c0215643_9145625.jpg
例年宵宮の日は、近隣の住民や向かいの弘前高校の生徒らで賑わう。

c0215643_9181960.jpg
拝殿の奥には、真っ赤な塀で囲まれた本殿が鎮座している。


(通常、本殿に立ち入ることは出来ないが、関係者のご厚意により特別に撮影許可をいただいた。)
c0215643_9184197.jpg
宵宮の日の本殿には、三方いっぱいの夏野菜が供えられている。


また、その名に違わず、境内にはたくさんのお稲荷様が祀られている。
c0215643_9255727.jpg


これらのお堂に祀られているのも、もちろんお稲荷様である。
c0215643_92795.jpg

c0215643_9304085.jpg


c0215643_9315499.jpg
この日ばかりはさすがのお稲荷様も、ついつい油揚げより夜店の食べ物に目移りすることだろう。

c0215643_9424142.jpg



また、この時期の稲荷神社付近には、新寺町ねぷた愛好会のねぷた小屋が建つ。
c0215643_9475684.jpg
この日も完成間近の「D」が格納されていた。
7月の弘前市内各所でよく見られる光景である。


アクセス情報
弘前市新寺町
・弘南バス桜ヶ丘線 弘前高校前バス停下車 徒歩約1~2分

[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-07-21 10:00 | 神社・仏閣・教会など
市内で一番中心街に近い宵宮 胸肩神社
なぜかその日はいつも雨?

c0215643_11255817.jpg
「弁天様」の通称で弘前市民に親しまれている品川町の胸肩神社。
毎年6月30日に開催される宵宮は市内トップクラスの出店数を誇り、JR弘前駅前方面や
土手町といった中心商店街の手前に至るまで露店が軒を並べる。

c0215643_11575323.jpg


c0215643_11582168.jpg
胸肩神社は、大同2(807)年に将軍・坂上田村麻呂が「大野」という土地に信仰していた
弁財天を勧請し、琵琶を奉納したうえで臣下を神主に任命したのが創建と言われており、
現在地に遷座したのは寛文2(1662)年だという。

以降、「埞(←土へんに「定」)町弁天神社」「弁天宮」などと呼ばれていたが、明治6(1873)年に
現在の「胸肩神社」と改称され、御祭神も胸肩三女神に差し替えとなったようである。

その他、春日大神も合祀されており、境内には「埞(←土へんに「定」)清水」という清水が古くから
湧出している。

c0215643_1224342.jpg
茅の輪くぐり

c0215643_1231579.jpg
神楽の奉納


また、「弁天様」の宵宮のある日は、雨が降ることが多い。
c0215643_1283141.jpg
梅雨時の開催ということがその確率を押し上げているのだろうが、
もしかすると弁天様は雨がお好みなのかも知れない。


アクセス情報
弘前市品川町
・JR弘前駅から徒歩約10分


[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-07-01 12:26 | 神社・仏閣・教会など
市内で一番早い宵宮 観音山普門院
夏の風物詩 始まりはここから

c0215643_17452012.jpg

夏の津軽地方に彩りを添えるイベントの1つとして、各地の神社・仏閣で開催される
「宵宮(ヨイミヤまたはヨミヤ)」がある。

各神社・仏閣の大祭先日に行われ、その日の夕刻には参道に各種露店が立ち並び、
大勢の地域住民で賑わう。

その時期や規模は様々で、最も出店数や動員数の多い宵宮が
「最勝院・八坂神社(通称:五重塔または大円寺)、「胸肩神社(通称:弁天様)」、
「弘前八幡宮」あたりなら、
最も開催日の早いのがこの「観音山普門院(通称:山観)であり、毎年旧暦の4月17日に開催される。
(2010年は5月30日の開催となった。)
この観音山普門院は西茂森の禅林三十三ヵ寺の一つで、津軽三十三ヵ所巡りの結願・
第三十三番札所でもある。本尊は聖観音。


c0215643_17184394.jpg
市内宵宮のトップバッター「山観」入口には、このシーズンを待ちわびた
参拝客が大勢集まっている。

参拝客の年齢層はといえば、とにかく若い。
近隣の朝陽・桔梗野両小学校の児童や、第四中学校の生徒らとその保護者が大半を占めている。


c0215643_17504382.jpg
露店の立ち並ぶエリアを抜けると、長い石段が現れる。
横には空きスペースがあり、子供達が露店で買ったおもちゃや爆竹に興じている。

c0215643_17524745.jpg
まずはこの鬱蒼と木々の茂る中を上り、本堂を目指す。

c0215643_175645.jpg

c0215643_17582129.jpg

c0215643_17564648.jpg

c0215643_18275882.jpg


c0215643_18224329.jpg
本堂には参拝客が次々に訪れる。
賽銭箱に小銭を投げ入れ、鈴を鳴らす。仏教寺院なので拍手は打たない。

c0215643_1824394.jpg
石灯籠の中にも小さな「住人」が。


c0215643_180890.jpg


c0215643_1829229.jpg
観音像に「三十三」の文字が刻まれている。

c0215643_18292698.jpg
参拝を済ませた子供達は、口々に何をお願いしたかを語り合っている。
「成績が上がりますように」
「部活でレギュラーを取れますように」
「野球が上手くなりますように」

子供達の少々他力本願気味な微笑ましいお願いも、きっと観音様は時に暖かく、また時に生暖かく
聞いてくれることだろう。

c0215643_18355523.jpg
弘前の宵宮シーズンは、6月~7月にピークを迎える。

アクセス情報
弘前市西茂森
・弘南バス 茂森線・川原平線・大秋線 山観通りバス停下車 徒歩約2分

[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-05-31 18:41 | 神社・仏閣・教会など