債務整理 離婚 相談
タグ:街並 ( 13 ) タグの人気記事

桔梗野会館前のビュースポット
住宅街にポッカリ

c0215643_16181047.jpg
弘前市桔梗野地区の風景。
桔梗野会館向かいに、ポッカリと視界の開けるスポットがある。

c0215643_16201831.jpg
緑の土手の先には、土淵川と西弘前方面の街並みが広がっている。
目が疲れた時には、ここで緑と遠景を眺めてひと休み。
(ただし、歩道が無いので長居は無用だが。)

c0215643_16223461.jpg
ご覧のとおり、春には「B」の大木も咲き誇る。
やはり、弘前市民の春は「B」とともにあるようだ。


アクセス情報
弘前市桔梗野
・弘南バス桜ヶ丘線 桔梗野バス停下車 徒歩約1~2分


[PR]

by hirosaki-alterna | 2011-05-05 16:28 | 公園・自然・風景など
駅前オルタナティブ
人の営み新旧

c0215643_2150766.jpg
駅前通りの横道を入ると、全く違った風景が見えてくる。

c0215643_21533352.jpg


c0215643_21535336.jpg


c0215643_21541682.jpg


c0215643_21543760.jpg


c0215643_21551724.jpg


c0215643_21553758.jpg


c0215643_2157888.jpg


c0215643_21573996.jpg


c0215643_2158187.jpg


c0215643_21595326.jpg

[PR]

by hirosaki-alterna | 2011-01-31 22:02 | 通り・坂道など
林檎のクリスマスツリー
林檎の産地ならではのクリスマス

c0215643_23294451.jpg
弘前市土手町の中ほどにある弘前市まちなか情報センター。
その建物手前の木に、イルミネーションが施されている。


近づいてよく見てみると、この木がクリスマスツリーも兼ねていることがわかる。
c0215643_23375141.jpg


c0215643_23393126.jpg
この木はロシア、アメリカ原産の林檎の木だそうで、この画像でも小さな果実が
実っているのがわかる。

c0215643_23425699.jpg
「青森県民は林檎の木をクリスマスツリーにしている」と、
「秘密のケンミンショー」あたりに狙われなければよいが。


アクセス情報
弘前市土手町
・弘南バス 土手町循環100円バス 中土手町バス停下車 徒歩約1分
・JR弘前駅から徒歩約15分

注)地図中の「アルポルト」は現在は移転している。


[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-12-05 23:52 | 建造物・各種施設など
新町坂
軋むブレーキ音が響き渡る坂

c0215643_2047571.jpg
弘前は坂の多い街でもあるが、中でも有名なのがこの「新町坂(あらまちざか)」だろう。

弘前公園から茂森町方面へ向かう途中に、その坂の入口はある。
c0215643_21213.jpg

特徴は、急な傾斜とS字カーブ。
坂を下る時は、歩く人は知らず知らず駆け足になり、自転車に乗る人は甲高いブレーキ音を
響かせる。

逆に、上る場合は余程の脚力がなければ、自転車を漕いだまま上りきることは困難だろう。

c0215643_2112939.jpg
坂の中腹から見上げるとよくわかる。

c0215643_2183614.jpg
自転車で上り坂に挑む部活風の女子高生も…

c0215643_2194767.jpg
程なくして自転車を降りてしまった。

c0215643_21173385.jpg
この黒猫も、やっと坂を上ってきたところである。


また、新町坂のもう1つの特徴は、その歴史である。
c0215643_21155246.jpg
坂の中ほどに案内板が立っている。


弘前の城下が造られた時、城のある丘陵地帯(東側)を上町(うわまち)、
低地帯を下町(したまち)と称したが、藩政初期城下の表玄関として
発展した下町から上町に至る大道筋(だいどうすじ、大きい国道)が
この新町坂でした。
城域から城下の新町へ通じていることから「新町江下る坂」と記録され、
新町坂は通称でした。
当初、交通量は、城下第一でしたが、四代藩主信政の時「新坂(現在の古坂)」が
造られたため、この坂の交通量は大分少なくなったと伝えられています。
明治になってから、坂の入口を南へおよそ六〇メートルほど移したのが
現在の坂であり、藩政初期重要な通路であったこの坂も、
今は美事な名所となっています。



坂を下りきった頃には、岩木山がより近くに見える。
c0215643_21185674.jpg
可能であれば、是非とも自転車で一度下っていただきたい坂の1つである。
存分にブレーキ音を響かせて。


アクセス情報
弘前市新町
・弘南バス 茂森線 市役所前公園入口バス停下車 徒歩約3分

注)カーブと急勾配に注意

[PR]

by hirosaki-alterna | 2010-06-02 21:40 | 通り・坂道など
墨絵の夜
時の止まった路地

c0215643_21305442.jpg
弘前市某所。
住宅街の中に、古びた借家と木製電柱の建ち並ぶ一角がある。
空き家の多いこのエリア、雪の夜に撮影したらまるで「閉ざされた村」のような風景が撮れた。

現在この辺りの借家は、老朽化のためか解体工事が進んでいるようだ。
[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-12-09 21:39 | 公園・自然・風景など
弘前アニマルクエスト
町中の動物像・看板をドラクエ風に紹介

c0215643_13142388.jpg
c0215643_1314469.jpg


c0215643_13162025.jpg
c0215643_13164245.jpg


c0215643_1317313.jpg
c0215643_1317202.jpg



c0215643_13183897.jpg
c0215643_1319420.jpg



c0215643_13193569.jpg
c0215643_1319568.jpg



c0215643_13203313.jpg
c0215643_13205436.jpg



c0215643_13213542.jpg
c0215643_13215912.jpg



c0215643_13222542.jpg

c0215643_13224669.jpg


c0215643_1323932.jpg
c0215643_13232439.jpg



注)くれぐれも、リアルでの攻撃はしないように。

starring;
・アニマルぐんだん…下川原焼土人形製陶所(弘前市桔梗野)
・はちまキティ…弘前市富田某所
・ラーメンだぬき…ぶんぷく茶がま(弘前市富野町)
・きょだいいぬ…吉井酒造煉瓦倉庫 A to Zメモリアルドッグ(弘前市吉野町)
・おうまのおやこ…弘前八幡宮(弘前市八幡町)
・ガマだいおう…熊野奥照神社 交通安全祈願の碑(弘前市田町)
[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-11-11 13:38 | 街の顔
昼の鍛冶町
昼間に寝静まる街を行く

c0215643_23112379.jpg


夜になると活気づく飲食店街・鍛冶町。
煌びやかな夜も良いが、昼間の寝静まった鍛冶町もまた別の味わいがある。



c0215643_23142958.jpg

c0215643_23154343.jpg

c0215643_23165270.jpg

c0215643_23173185.jpg

c0215643_2318116.jpg

c0215643_23195339.jpg

c0215643_23204035.jpg

[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-11-07 23:24 | 昼の飲食店街
城東閣
古き良き色町の面影

c0215643_18522212.jpg
弘前の飲食店街・新鍛冶町に位置する城東閣。
かくみ小路にも程近い。


c0215643_1974491.jpg
タイル張りの壁がどことなく懐かしい。


c0215643_19153929.jpg
明治屋ゴールデン街ほどの迷宮感は無いが、低い天井とトンネルのような薄闇が探検心をくすぐる。
むろん、夜ともなれば灯りが煌々とともるのだが。

c0215643_19194919.jpg

c0215643_19203416.jpg



c0215643_19215832.jpg
通り抜けた先に、古いコカコーラの冷蔵庫が棄てられていた。


c0215643_19235252.jpg
反対側入口。凝ったタイルの装飾が、もう少しで蔦に飲まれようとしている。
看板を見る分では、この辺は野良猫が多いのだろう。


c0215643_1850292.jpg
タイル装飾のアップ


c0215643_19261684.jpg
奥のゲートを出ると、鍛冶町の「函館赤ちょうちん」前に出る。


アクセス情報
弘前市新鍛冶町
・弘南鉄道大鰐線 中央弘前駅から徒歩約3分

注)地図に記載の「10バンカンマルエススーパー」は既に閉店している。

[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-11-05 19:46 | 昼の飲食店街
完璧すぎる駄菓子屋
貫いて欲しい昭和スタイル

c0215643_2033313.jpg
弘前市某所にある商店。
店内に所狭しと並ぶ駄菓子類と玩具、今なお現役の雪印のロゴ入りアイスボックス、
そして店頭にはグリコの広告入りベンチ。
まるで昭和50年代を髣髴とさせる店構え。
いかにも放課後の小学生らが100円玉を握り締めてやって来るシチュエーションが似合いそうだ。

撮影時が夕刻ということもあり、店内にともった灯りも程良い暖かさを感じさせる。
c0215643_20185410.jpg


そして店舗の横には、さらに昭和後期を思わせる物体が。
c0215643_20203314.jpg
ガチャガチャの進化形、コスモスの大型自販機。
当時の子供達の射幸心を煽ったこの赤い鉄の箱、さすがに稼動はしていなかった。

今となっては、このような昭和アイテムがいくつも現存している商店は貴重である。
出来ることなら、このままのスタイルを次代まで貫いていただきたいところだ。
[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-11-02 20:30 | 店・工房など
弘前 塀のある風景
街中の塀を見るだけでわかる、和洋混合の弘前カラー
c0215643_22524284.jpg
新寺町 真教寺・教応寺


c0215643_2331222.jpg
山道町 昇天教会


c0215643_22591523.jpg
新寺町寺院街


c0215643_2362444.jpg
吉野町 吉井酒造煉瓦倉庫


c0215643_22562611.jpg
住吉町  弘前保健所前


c0215643_234573.jpg
桔梗野1丁目 下川原焼土人形製陶所


c0215643_23115890.jpg
富田3丁目 弘前銘醸
[PR]

by hirosaki-alterna | 2009-10-10 23:17 | 公園・自然・風景など